帯広市議会議員 小森ただなが

小森ただなが オフィシャルサイト

小森ただなが

トップ > e-mail

e-mail

多数のメールを頂き、ありがとうございます。 ここに一部を紹介させていただきます。
今後も出来る限り、皆様からのご意見・ご質問にお答えしていきたいと思っております。

帯広に屋内スピードスケートリンクが建設される予定があるようですが、競技人口、財政的な負担を考えれば、市民に大きな負担となると思いますが・・・・帯広に屋内スピードスケートリンクは必要なのでしょうか? 帯広市Iさん(33歳 男性)
帯広出身の清水選手が金メダルを獲得するなど、長野オリンピック後、建設に向けて大きな盛り上がりを見せました。しかし、それは北海道立として建設するというものでした。
市が建設、運営するとなると、建設費はもちろんのこと、ランニングコスト等を市財政とにらみ合わせて、市民の合意を形成することが必要であると思います。
単なるスポーツ施設としての機能だけではなく、総合的に市の活性化にどれだけの効果を発揮できるのか、その戦略の構築ができるのか改めて検証する必要があると思います。
市民の税金で仕事をしている市役所ですが、市が発注している物件は市内の業者に発注されているのでしょうか?
聞くところによると市内で十分対応できることも管外の事業者に発注されていると聞くのですが。
「地元でできることは地元で」ということを徹底して実施しなければならないと考えています。まして地元経済が疲弊している現在、市が率先して地元発注をしなければなりません。市内でできることは市内でという発想を職員全体が持たなければなりません。
私も市議会議員となって以来、一貫してこのことを機会あるごとに言い続けており、かなりの部分改善されてきたとは思いますが、まだまだ市内で実施できることが管外に流れている状況があります。
このことについては、地元経済のためにも改善を図っていけるよう最大の努力を致します。
中学生の子供を持つ者ですが、私の家の周りには街路灯が少なく、子どもが部活などで遅くなると真っ暗で非常に危険だと思います。同様のことを私の友人も感じていましたので、市内には街路灯の少ないところが多いように感じます。お年寄りも多くなっていますので今一度点検をして改善をしてください。
お願いします。
安心して住むことができるまちづくりをしなければなりません。ご質問の件につきましてはすぐに調査をして市に改善を求めたいと思います。
ユニバーサルデザインを標榜する帯広市ですが、市民が安心して暮らせる対応をしなければならないと考えています。
身近な問題について、感じていることがあればご意見をお寄せください。
子どもがサッカーをやっていて河川敷グランドで大会が頻繁にあります。みんなが感じていることですがトイレがひどすぎます。
簡易トイレですが、汚れている上に数も少なく長い行列ができています。嫌がって車で近くのスーパーまで行く人もかなりいます。
一つの大会があると、30チーム×20人と仮定して、応援の親兄弟をいれれば2000人以上の人が集まっていると思います。
他の競技でも同様だと思います。
是非改善していただきたいと思います。
河川敷については、開発建設部の所管だと思いますが、多くの市民が利用している現状を考えれば、当然市役所としても開発と協議していかなければならないと思います。
それだけの人が集まれば、皆さんのご不便ご苦労は十分理解するところです。早速どのような状況になっているのか確認し、改善に向けて努力したいと思います。
  • 議会活動
  • 政策提言
  • 帯広市の現状
  • 写真